休日も勉強に充てる日常

別の病院に転職することができたら、こんどこそ休日をしっかり確保したいと思う方が多いのでは?
勤務希望も2交代か3交代か、そのときの体力次第で望む傾向は変わりますね。

休日はどんな風に過ごすとベストな状態なのでしょうか?
忙しい看護業務から一変して、休日には人が変わったようにくつろいでいる方がおられることでしょう。
休日は英気を養うためにあるものだとおっしゃる看護師が少なくないですね。
休日の予定はマッサージを受けたりエステに通ったりしたいのあ本音ですが、家事で一日が終わることが大半でしょう。

しかし、家事をきちんとこなしたり、エステに通うことも、それが自身の満足とイコールであればいいのです。

それらが看護業務で感じたストレス解消に一役買っていき、心を穏やかにさせていくのです。エステを受けているときに、気分転換になるばかりか自分が磨かれていくという確かな手応えを感じていき、美しくなっていくことに現実味を帯びていくようになります。休日は図書館に行って看護学書を読みふけっているとおっしゃる看護師がいることでしょう。

更なるステップアップを自身に課していることを感じさせて、自分にはまだ伸び代があることを意識しているのがわかります。いかにも趣味だと言わんばかりに看護学書を読破しようとする意欲が感じられて、ともすれば行きつけの図書館で看護学書を全て読んだ後に、他の図書館から取り寄せてまで看護学書を読もうとするかもしれません。留まることを知らない看護への探求心が新たな自身の進化形を生み出していき、看護に精通する者として相応しい知識人になっていこうとしていきます。実際、新しい部署に異動になれば、休日は勉強に消えていきます。これが看護師の仕事。

休日を有効活用しようとする考えを持って有意義なことにチャレンジしていこうとする意欲を持つことが大切になるのです。休日を使って新たな発見があるといいですよね。言い換えれば、休日が宝物を探すためにある貴重な日だと言っても過言ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です