特別な存在になろうとする意志

転職については、専門分野を養いキャリアアップを目指すことを目的とする方もいらっしゃいます。

看護に特化した専門知識を習得することで、質の高い看護ができるようになると思っている看護師がいることでしょう。専門知識があることで、レベルの高い看護師だという高い評判を貰えるようになり、看護師としての自尊心が高くなっていくのです。

専門知識の習得のために日夜看護の勉強をしている看護師は、専門知識が看護社会に働き掛ける拠り所になるはずだと信じているのが窺えて、その知識を駆使して看護社会を牽引していこうという気持ちに昇華されていくかもしれません。看護師としての成長に必要な専門知識を習得したときに、インテリな気分になって知識人としての誇りが芽生えてくるようになり、看護の幅広い分野に精通する特別な存在になったような心境になっていきます。まるで専門知識が看護師を看護師たらしめているように感じていき、看護の力を増幅させる拠り所だと意識していくのです。
 
専門看護師になるために毎日夜遅くまで勉強をしている看護師が少なくないと感じてきます。専門看護師という名称からして高度な看護を実践する看護師だというイメージが湧いてきて、様々な修羅場を乗り越えてきたことを想像させていくのです。ともすれば出世をすることも考慮して専門看護師になろうとする看護師がいそうであり、一人の看護師として大きく飛躍していこうとするのであります。専門看護師はその地位の高さから、患者への医療行為について医師と対等に話し合うことが往々にして考えられるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です